広島産かきのお取り寄せ・通販。広島産牡蠣の専門店

マルイチ商店

 電話で注文
0846-45-0059
 FAXで注文
0846-45-4511

FAX注文用紙ダウンロード 

 現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

 ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

人気商品

(前回--位)

牡蠣しぐれ煮

広島県産の牡蠣を、牡蠣の煮汁と酒処「東広島の純米酒」、醤油などで煮込みました。牡蠣の旨味が凝縮された濃厚でコクのある味わいです。

¥756(税込)

(前回--位)

スモークオイスター

広島県産の牡蠣を薫製風味に味付けしました。燻製の風味が牡蠣の旨味を引き立てています。お酒のおつまみ、サラダの具材にもよく合います。

¥756(税込)

(前回--位)

牡蠣ゆずぽんず

広島県産の牡蠣と瀬戸内産のゆずを使用。ゆずの爽やかな酸味が、牡蠣の旨味と風味を引き立て、より一層美味しさを引出します。

¥756(税込)

(前回--位)

牡蠣塩焼き

広島県産の牡蠣を瀬戸内特産の藻塩を使用し、じっくり焼き上げました。藻塩のみで味付けされているため、牡蠣本来の味わいを楽しめます。

¥756(税込)

(前回--位)

牡蠣専門店の広島牡蠣しょうゆ

広島県安芸津産の牡蠣を煮詰めてとった牡蠣エキスと、鰹節・いりこ・昆布の天然だしを、もろみから搾ったままの「生しょうゆ」と合わせました。牡蠣専門店がこだわり、出汁感溢れるよう仕上げた牡蠣しょうゆです。

¥864(税込)

受付営業日カレンダー

2024年5月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2024年6月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

※赤字は通販受付の休業日です

単品

11件の商品がございます。

牡蠣専門店の広島牡蠣しょうゆ

販売価格(税込): 864
広島県安芸津産の牡蠣を煮詰めてとった牡蠣エキスと、鰹節・いりこ・昆布の天然だしを、もろみから搾ったままの「生しょうゆ」と合わせました。牡蠣専門店がこだわり、出汁感溢れるよう仕上げた牡蠣しょうゆです。
  • NEW

焼き牡蠣だし塩

販売価格(税込): 648
広島県産焼き牡蠣と瀬戸内海産原料の藻塩を使用。素材にこだわった、焼き牡蠣の旨みと風味を手軽に楽しめる「牡蠣のだし塩」です。

牡蠣XO醬

販売価格(税込): 972
様々な海鮮の旨味と、唐辛子の辛味が癖になる旨辛調味料。広島県産牡蠣、音戸ちりめん、干し海老が入っており、海鮮の旨味が広がります。食べるラー油のような感覚でご使用ください。

広島産牡蠣めしの素 箱入り

販売価格(税込): 1,080
広島産牡蠣をたっぷり使用した、牡蠣めしの素です。鰹節や鯖節のだしに加え、牡蠣のだしも使用しております。2合のお米と一緒に炊き込むだけで、簡単に本格的な牡蠣めしをお作り頂けます。

広島名物 あなごめしの素

販売価格(税込): 1,080
国産の穴子を使った、広島名物あなごめしの素です。醤油、酒、穴子のだしを煮込んだ甘辛いタレを炊き立てのご飯に混ぜ込み、穴子の身をのせるだけで本格的なあなごめしをお家でお楽しみいただけます。
  • 限定品

広島産 牡蠣と松きのこのバターライス

販売価格(税込): 972
広島産の牡蠣と松きのこを使ったバターライス。炊き立てのご飯に、本商品を混ぜ込むだけで、簡単に出来上がります。牡蠣と松きのこの旨みとバターの香りが広がる、バターライスの素です。

音戸ちりめんと昆布のじゃこめし

販売価格(税込): 864
音戸ちりめんと昆布をお出汁と山椒で炊き上げた、じゃこめしの素です。温かいご飯に、このじゃこめしの素を混ぜ合わせるだけで、出来上がります。ちりめんと昆布の旨味と山椒の風味が良い一品です。

牡蠣しぐれ煮

販売価格(税込): 756
広島県産の牡蠣を、牡蠣の煮汁と酒処「東広島の純米酒」、醤油などで煮込みました。牡蠣の旨味が凝縮された濃厚でコクのある味わいです。

スモークオイスター

販売価格(税込): 756
広島県産の牡蠣を薫製風味に味付けしました。燻製の風味が牡蠣の旨味を引き立てています。お酒のおつまみ、サラダの具材にもよく合います。

牡蠣ゆずぽんず

販売価格(税込): 756
広島県産の牡蠣と瀬戸内産のゆずを使用。ゆずの爽やかな酸味が、牡蠣の旨味と風味を引き立て、より一層美味しさを引出します。

牡蠣塩焼き

販売価格(税込): 756
広島県産の牡蠣を瀬戸内特産の藻塩を使用し、じっくり焼き上げました。藻塩のみで味付けされているため、牡蠣本来の味わいを楽しめます。

︿