広島産かきのお取り寄せ・通販。広島産牡蠣の専門店

マルイチ商店

 電話で注文
0846-45-0059
 FAXで注文
0846-45-4511

FAX注文用紙ダウンロード 

 現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

 ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

人気商品

(前回--位)

牡蠣まるごとせんべい袋(12枚入り)

安芸津名産の「牡蠣」と、この地域独特のレンガ色の肥沃な赤土で育てられている 「まる赤」馬鈴薯を使った「牡蠣まるごとせんべい」。贅沢に牡蠣をまるごとひと粒乗せ、焼き上げました。牡蠣専門店が厳選したお酒のお供に合う濃厚な逸品です。

¥540(税込)

(前回--位)

生牡蠣むき身(特選品) 1kg ◆送料込価格◆

広島県三津湾のきれいな海で育ちました。身のしまった深い味わいが特徴です。一粒一粒丁寧に選り分け、特選品のみを出荷致します。

¥3,980(税込)

(前回1位)

牡蠣まるごとせんべい箱(16枚入り)

安芸津名産の「牡蠣」と、この地域独特のレンガ色の肥沃な赤土で育てられている 「まる赤」馬鈴薯を使った「牡蠣まるごとせんべい」。贅沢に牡蠣をまるごとひと粒乗せ、焼き上げました。牡蠣専門店が厳選したお酒のお供に合う濃厚な逸品です。

¥810(税込)

営業日カレンダー

2018年11月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2018年12月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

※赤字は休業日です

牡蠣の美味しい食べ方

牡蠣の美味しい食べ方

生牡蠣むき身の洗い方

 STEP1

むき身の牡蠣を洗うには、牡蠣をざるに入れ、少量の塩で軽く揉むとよごれが出てきます。水を流しながら出てきたよごれを振り洗いします。こうすれば、よごれも簡単に落ち、牡蠣もつやを失うことなく、ころっとした弾力を保ちます。

 STEP2

水洗いをしたら、ザルに上げるか、ふきんもしくはキッチンペーパーの上に並べて水気をとります。

殻付き牡蠣の開け方

 STEP1

殻の平らな方を上に、深みのある方を下にします。
※牡蠣の殻を開ける時は、軍手などを使用してください。

 STEP2

貝柱は先端から見て左側にあります。深みのあるほうの殻の内側に沿ってナイフを入れます。手前に動かしながら貝柱を切ります。

 STEP3

ナイフを上に上げると、殻が開きます。

 STEP4

下の貝柱も同様にして切り離します。

殻付き牡蠣の電子レンジ簡単調理法

 STEP1

殻付き牡蠣は、たわしでよく洗い、水気を拭いてください。

 STEP2

皿の上に殻の丸みのある方を下にして並べ、軽めにラップをしてください。

 STEP3

電子レンジでお目安として、5個で600w、4~5分加熱してください。

 STEP4

お好みによりレモンやポン酢をかけてお召し上がり下さい。

牡蠣の保存方法

 すぐに冷蔵保存を

牡蠣が届いたら、発泡スチロールから取り出し、牡蠣は水洗いをせずそのまま冷蔵庫で保存するようにしてください。調理前には流水で水洗いし調理してください。※寒い季節だからといって冷蔵庫に入れず、置きっぱなしにしないようにしてください。

 冷凍保存の場合は

水洗いした牡蠣や鮮度の低下した牡蠣を冷凍すると、解凍した時にドリップ(解凍液)がたくさん出て、風味が落ちてしまいます。冷凍保存の際は、なるべく鮮度の良いうちに届いた袋のまま冷凍するか、少量に小分け、または一粒ずつ並べて冷凍することをおすすめします。お召し上がり時は、解凍後に流水などで牡蠣を洗い、必ず加熱してお召し上がり下さい。

牡蠣の賞味期限

牡蠣の賞味期限は、お客様のお手元に届いて約3日が目安となります。北海道や沖縄、離島など翌日のお届けができない地域などは異なる場合があります。表示されている賞味期限を必ずご確認ください。また、商品到着後はすぐに冷蔵庫で保存し、生ものですので、できるだけ早くお召し上がりください。

「生食用」と「加熱調理用」の違い

牡蠣には「生食用」と「加熱調理用」の2種類があります。「生食用」と「加熱調理用」は、採れた海域の違いによるもので、牡蠣の鮮度の差ではありません。マルイチ商店の牡蠣は通常、「生食用」となっております。(※10月と4月は加熱用での出荷となります。)

マルイチ商店で販売している牡蠣は、お客様のお手元へ産地直送でお届けしているので、より良い牡蠣を吟味していますが、体調があまりよくない方や、普段牡蠣を食べ慣れていない方に対しては、「生食」で食べることや、たくさんの量を食べることをおすすめしません。「中心温度85度で約1分」とされていますが、しっかりと火を通して、冬の醍醐味本場の牡蠣をご堪能ください。

▲ PAGE TOP